あいさつと概要

ごあいさつ

 千葉市防災普及公社は、災害の予防と災害時の被害軽減を目指し、防災安全意識の高揚と応急処置技術等の普及啓発等を積極的に展開し、市民とともに「安全で災害に強い千葉市」の実現を果たすため、千葉県知事の許可を得て、平成7年(1995年)7月1日に財団法人として設立されました。

 身近な防災という視点から、「防災意識の啓蒙及び広報活動」や「防災普及車による地震体験指導を通じた防災知識の普及」あるいは「応急手当の普及啓発による救命率の向上」といった市民一人ひとりの防災意識を高めるための事業の実施、また、事業所における防災体制の充実を図るため、「防火管理講習」や「防災管理講習」、「自衛消防業務講習」といった災害予防に繋がる講習を開催するなど、各種事業を積極的に展開しております。

 新公益法人制度改革に伴い、平成23年(2011年)4月1日には、「公益財団法人千葉市防災普及公社」として新たにスタートしました。

 今後とも、市民ニーズを的確に捉え、柔軟に対応し、創意工夫をしながら、社会的使命を果たすよう鋭意努力してまいりますのでよろしくお願い致します。

公社の概要

団体名 公益財団法人千葉市防災普及公社
所在地 〒261-0004
千葉市美浜区高洲4丁目1番16号(千葉市消防局救助救急センター2階)
TEL 043-248-7788(代表)
FAX 043-248-7748
E-Mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
※執務時間は月曜日から金曜日の8時45分から17時30分まで(祝日・休日及び12月29日から1月3日を除く)
アクセスマップはこちら
目的  この法人は、防火防災意識の高揚と防火管理体制の推進を図るとともに、応急処置技術の普及啓発を積極的に展開し、火災や地震等の災害の予防と災害時における被害の軽減を助成し、もって市民生活の安全と公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。
事業 公益目的事業
1.防火防災の思想の普及啓発、知識技術の育成指導及び教育研修の実施に関する事業
2.応急手当の普及啓発及び知識技能の向上に関する事業
収益事業等
1.防災物品等の普及促進に関する事業
組織 評議員 3人以上10人以内
理 事 3人以上8人以内
監 事 2人以内
シンボルマーク
SCマーク 公社のシンボルマークは、SAFETY CHIBAの頭文字である「SC」をモチーフにデザインされたものです。設立趣意書に掲げられている「安全で災害に強い千葉市」の実現に向けた思いが込められています。
情報公開 電子公告、業務・財務等に関する資料