悪質な訪問業者に注意

悪質な訪問業者によるトラブルに注意しましょう!

最近、会社やスーパー、学校、幼稚園など消火器の設置本数が多い防火対象物や高齢者のお宅を狙って、巧妙な手口により消火器の点検や薬剤の詰め替えを行い時には脅迫的な言動で高額な料金を請求するなどのトラブルが頻発しています。

トラブルに巻き込まれないために!

1. 身分の確認

  • 訪問した業者には、社員証などの身分を証明するものの提示を要求し、必ず身分を確認する。
  • 念のためコピーを取っておくとよい。

2. 契約書の確認

  • 契約書に署名・捺印の前に記載事項を必ず確認する
  • 契約を認めるような発言は軽々しく行わない。

3. 代金

  • その場で、代金の支払いは行わない。

4. 点検内容の確認

  • 消火器の機能点検や薬剤の詰め替えには、防火管理者が必ず立会い、点検内容の確認をする。
  • いい加減な点検だけで済ます業者もいる。

5. 代替え消火器の設置

  • 業者が点検や詰め替えのために消火器を持ち帰る場合は、代替えの消火器を設置させる。
  • 消火器を持ち帰っても一時的とはいえ消火器の未設置となる場合もある。

6. 周知徹底

  • 常日頃から従業員等に悪質な消火器業者に注意するよう周知徹底しておく。
  • 防火管理者等の担当者が不在の場合は日を改めてもらう。

7. 相談

  • 不審に思ったら、ハッキリと断り、直ちに最寄りの消防署に連絡してください。