個人情報の取り扱いについて

公益財団法人千葉市防災普及公社個人情報保護の基本方針

公益財団法人千葉市防災普及公社は、個人情報取扱事業者として、個人情報の保護に配慮するとともに、個人情報保護法並びに当公社の個人情報保護規程に従い、個人情報の重要性を十分認識し、適正な取扱いを図るよう努めます。

1.利用目的

講習受講者や防災用品購入者等の氏名・住所・連絡先等の個人情報を収集する場合は、電話、ファックス、申込書、受講申請書等により取得し、事業を円滑に運用するため次のように利用します。

  1. 講習受講者の管理、名簿及び修了証作成、防災用品購入者等の管理、名簿作成等に利用します。
  2. 講習の受講案内等の連絡や通知に利用します。
  3. 事業実績等を統計的資料を作成するために利用する場合があります。ただし、個人を特定できる情報を利用することはありません。
  4. 上記以外に使用する場合は、講習受講者等の同意を得た範囲内で利用します。

2.提供の制限

次の場合を除き、個人情報を第三者に提供致しません。

  1. 本人の同意があるとき。
  2. 法令等の規定に基づくとき。
  3. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要で、本人の同意を得難いとき。
  4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要で、本人の同意を得難いとき。
  5. 国若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令等の定める事務の遂行に対し協力するために必要で、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき。

3.情報の開示・訂正等

個人情報に対し、本人から開示、訂正、利用停止等の申し出があったときは、社会通念上、適切な範囲で対応致します。

4.適正管理

公社は、個人情報の適正管理が図られるよう、その取扱者に対し、必要かつ適切な監督を行い、次のような措置を講じます。

  1. 個人情報を正確・最新の状態に保つこと。
  2. 個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止その他適切な管理のために必要な措置を講じること。
  3. 個人情報の保護に関する責任体制を明確にすること。
  4. 保有する必要がなくなった個人情報は、確実に、かつ速やかに廃棄し、又は消去すること(歴史的資料として保存する必要があるものを除く)。