消火器の破裂事故等の防止

※消火器の正しい知識を身につけ、破裂事故等を防止しましょう!

近年、各地で消火器による破裂事故が相次ぎました。
原因は老朽し腐食した消火器の使用によるものです。
消火器は内部に加圧された二酸化炭素ボンベが内蔵されており、噴射する際にはこのボンベが破れて薬剤が出るしくみになっています。
消火器が腐食していたり変形していたりすると圧力に耐えられなくなって消火器が破裂してしまいます。
日ごろから消火器の整備点検を怠ることの無いよう、正しい管理運用に心がけてください。

消火器には使用期限があります。消火器本体の使用期限、製造年をご確認ください。
これを過ぎた古い消火器のほか、使用期限内でもさび、腐食、変形、キズなどが見られる消火器は強度上危険です。

本体又はキャップに腐食があるもの

層状はく離の腐食
層状はく離の腐食
あばた状の腐食
あばた状の腐食
溶接部とその周辺の腐食
溶接部とその周辺の腐食

傷,変形があるもの

使用に耐えない変形
使用に耐えない変形
使用に耐えない鋭いキズ
使用に耐えない鋭いキズ
錆を落としても腐食の残るもの
錆を落としても腐食の残るもの

ホースにひび割れがあるもの

ホースにひび割れがあるもの ホースにひび割れがあるもの ホースにひび割れがあるもの

さびの発生・変形や塗装の剥離のある使用期限の過ぎた消火器は決して使用しないで新しいものと取り替えてください。
異常が認められた消火器や不要になった消火器は購入した業者などに持ち込んで処分しましょう。
※一般のゴミとして出すことはできません。

消火器は最も身近な消火器具です。
正しい使い方を身につけていざという時に備えましょう。
また,地域の訓練に積極的に参加して消火器の体験をするといいでしょう。